貸金業界のこと

簡単に貸すところは取立てが厳しい?

更新日:

お金を借りるには審査を受ける必要があります。

銀行であれ、消費者金融であれ、闇金であっても審査があります。

審査の内容は、職業、勤続年数、年収、資産・持ち家の有無、他の借入金の有無などです。
これらを総合的に判断して、大丈夫と判断した場合だけ貸し付けます。
しかし、この判断基準は金融機関の種類や会社ごとにことなります。

審査基準が厳しければ返済が確実な人にしか貸しませんから、リスクが少なく、あまり取り立てを厳しくしたりする必要はありません。返済期限に遅れることも少ないので、それでけ手間も省けます。結果、金利を安く設定できるのです。
逆に、審査基準が甘い場合は、その分利息は高く、取立ても厳しくなります。

一般に銀行や労働金庫、JAなどは審査が厳しく、消費者金融などは、年収が低く資産のない人にも貸し付けます。しかし、消費者金融も回収しなければならないため、厳しめに回収するのです。

スポンサーリンク

闇金は審査が甘い?

ヤミ金の場合は、誰でも多くのお金を低利で貸すと謳いますが、実際は、返済が危ないという人には貸しません。親兄弟の身元が確認できる人には貸す傾向が高いです。
そして最初に貸し出すにも、わずか数万円程度しか貸し出すことはありません。
そしてその利息も暴利です5万貸し出す契約をして、実際は3万5千円しか貸さない場合もあります。差額の1万5千円は利息としてはじめから間引くのです。

気軽な借金ほど、後で苦しむことになると考えるべきです。

もし支払いが滞ったら?

まず電話での督促が始まります。
借り手の事情は関係なく、必ず何日までに支払えてと言います。無理だというと、払えるのはいつか聞いてきます。その場は何日に払うということで済みますが、当然遅れた分は延滞損害金が付く場合があります。

電話での督促も何度も続けば精神的負担は大きいものです。返したいのに返せない、自分の甘さに腹が立つときもあります。自暴自棄にもなってしまいます。

以下、各金融会社の貸し出しの審査と金利の比較です

貸出審査と金利の比較

審査が厳しく、金利が安い

  • 自治体の福祉金利(年利3%程度)
  • 住宅金融支援機構(フラット35)(年利3%程度)
  • 国民生活金融公庫(教育ローン 年利2.0%)
  • 労働金庫・JA(教育ローン 2%程度)
    (カーローン 2.2%程度)
    (マイホームローン 5%~7%程度)
    (フリーローン 3%程度)
  • 銀行フリーローン(年利6%~10%)
  • 労働金庫(年利6%~8%)
  • 公的融資(無利息~年利2,3%)
  • JA(年利6%~8%)

審査が甘く、金利が高い

  • 大手消費者金融(年利8%~18%)
  • 中小消費者金融(年利8%~18%)
  • 商工ローン(年利8%~18%)
  • 街金、ヤミ金(トイチなど)

借金は、なるべく利息のかからないものから選ぶことです。
そのためには、いろいろな情報収集や先のプランが必要です。
手軽な借金ほど、後で苦しむことになるからです。

できる事なら、利息がかからない親、兄弟からの借り入れがベストです。

スポンサーリンク

-貸金業界のこと

Copyright© 借金とパチンコの話 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.