ダマされた!!

社債販売会社、債権回収会社にだまされた

更新日:

Aさんは60代の女性

新聞広告で、ある会社の社債購入の募集を知り資料請求を行った。
そして、その日を境に社債販売の勧誘電話が頻繁にかかってくるようになった。

※社債とは一般の企業が発行する債権のことです。企業は設備投資などの目的で資金調達するために投資家から資金を募ります。期間中は利息は投資家に払い、一定期間後に現金で戻します。定期預金よりも金利が高く、株式よりリスクが小さいのが「社債」です。

ある社債販売の営業を名乗る男から、この日も電話がかかってきました。
以下の条件の良い社債を売り出しているが興味はないかとのことだった。

・石油関係の社債100万円と医療関係の債権100万円

利息は、石油関係が8.833% 医療関係が4.300% と高いものだった。

スポンサーリンク

ついに利息の高い社債を購入

今の郵便局ではお金を預けていても、金利は0.03%とごくわずか。
それに比べればとても大きな額に聞こえる。

石油関係の社債は毎月配当が入ります。医療法人は3ヶ月か4ヶ月かに一度入ります。
「いいお小遣いにもなるし、お茶飲みにいってもらえるような額ですよ」と言っていた。
その営業マンの言葉を信じ、債権を購入。
そして最初は5千円程度の配当が振り込まれていた。
しかし、1年も経たないうちに2箇所とも振込が途絶え、業者とも連絡が取れなくなった。

最初のうちは振り込まれていたが・・・・

不安を感じたA子さんは、消費生活センターに連絡し、文書にて返還の請求を行った。
その後一度だけ5千円が振り込まれたが、それ以降なしのつぶてとなった。

「もう駄目だなぁと思った」

そして今年になって、損したお金が取り戻せると電話がかかってきた。

その内容は、保証金を入れてくれれば損した2つの債権と保証金のお金を一緒に回収できるというものだ。債権回収会社からの連絡だった。

「それは助かります」

債権回収会社は、88万円を郵便のレターパックで送ってくれれば、社債分の200万円と保証金は返します。ということだった。

Aさんは、全部戻ってくるならと、88万円をレターパックで送金してしまった。

※レターパックで現金は送れません。「レターパックで現金を送れ」は全て詐欺です。

その後、回収会社から連絡があり、50万円足りないと言われた。期限が過ぎれば回収できなくなる。早急に50万円送金してほしい。Aさんは仕方なく指示通り送金した。

さらに、まだ必要だと50万円を自宅に受け取りにきた。

そして、さらに120万円を要求。これ以上無理と言ったが、120万円をポストに投函してしまった。だが、さすがに怪しいと思い、郵便局に事情を説明し、120万円は止めることができた。

ここではじめて多額の被害を受けたことを自覚した。
既に送金した190万円は取り戻すことができなくなってしまった。

「判断がつかなくなってしまった。判断がつかなくなってしまった・・何度もつぶやいた

詐欺会社の驚くべき事実

実は、債権会社も債権回収会社も全てグルだった。

はじめから出来たシナリオだった。

今件で、Aさんは、

債権購入費用・・・200万
債権回収費用・・・188万 合計388万も騙し取られたことになる

金融関連詐欺などの被害者は、70%以上が65歳以上である。
では、なぜ65歳以上が狙われるのか。
歳を取れば正確な判断が出来なくなる。そして何よりお金を持っていることだ。

※60歳以上の平均貯蓄残高は2171万円(総務省 家計調査速報値)

金融被害額は245億円。1件あたり約340万円(平成24年度)
上記内容は、検挙された数字の氷山の一角であり、実際は何倍にもなるだろう。

ダマされないポイント

<ダマされないための重要なポイント>

  • 電話番号を載せない
  • 電話での勧誘は要注意
  • 購入前に家族に相談
  • 元本保証、必ず儲かる、損を取り戻せるは要注意
  • 仕組みやリスクが理解できないものには手をださない

うまい話には近づかないというのが被害を防ぐ一番の方法です。
ですが、その判断能力の衰えた高齢者の被害が後を絶ちません。
騙す方は「老後不安」、その心理をついて今が一番得だと近づいてくる。

家族や地域社会での相談しやすいサポートが今後は必要となります。

スポンサーリンク

-ダマされた!!

Copyright© 借金とパチンコの話 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.