パチンコの話題

ギャンブル で 勝つ確率。一番勝てるのはどのギャンブル?

更新日:

日本でギャンブルと呼ばれるものはいろいろとあります。では、ギャンブルで勝つ確率はどれくらいあるのか調べてみました。

調べてみると、パチンコが一番勝ちやすいのが分かります。(本当かどうかは後述にて)

ギャンブルにもいろいろと種類があります。

公営ギャンブルは競馬、競輪、競艇、オートレースの4種類。
それ以外にも宝くじや、totoBIG、なども大枠では含まれるかもしれません。

そしてパチンコ・パチスロは遊技とはうたっていますが、あきらかにギャンブルです。
まずはこれらのギャンブルの売上から見てみます。

スポンサーリンク

各ギャンブルの売上高

  1. パチンコ・パチスロ:21兆6260億円
  2. 競馬:2兆6800億円
  3. 競艇:約1兆1111億円
  4. 競輪:約6345億円
  5. 地方競馬:約4870億円
  6. オートレース:約654億円

平成28年度の総売上高は約26兆6040億円。
その中で圧倒的な売上を誇るのが「パチンコ・パチスロ業界」です。

これはギャンブル全体の約81%を占めます。次は競馬(JRA)で全体の10%。
全国に1万店あるパチンコ・パチスロ業界がいかに巨大な業界であるかわかります。

では、それぞれの還元率を見ていきます。

ギャンブルの還元率

還元率とは、利用金額に対して、どのくらいの金額が返ってくるか(リターン)の率です。

還元率は、以下の式で求めることができます。

還元率% =戻ってきた金額÷投資金額×100

早い話が、いくら使っていくら戻ってくるかということです。
その数字が高いほど良いということになります。

例として、1万円使って8千円戻ってきたら還元率は80%になります。

それではそれぞれのギャンブルや比較の為に宝くじなども見ていきましょう。

還元率
パチンコ・パチスロ 80%~90%
競馬(JRA) 74.8%
競輪 74.8%
オートレース 70%
宝くじ 47%
ロト6 43%以下
toto 50%

というふうになっています。

当たり前ですが100%を超える還元率はありません。
ギャンブルというのは、必ず胴元が勝つ仕組みになっています。

胴元が勝てなければ、そもそもギャンブルの「場を提供する意味」がありません。

競馬などはある程度納得できますが、宝くじの還元率は半分もない。
ですがその使い道が地方公共団体の役に立っていると思って納得するしかありません。

【宝くじ 売り上げの使途内訳】
宝くじ 売り上げの使途内訳

たったの300円で「3億当たるかもしれない」という夢を見ることもできるわけですから、これほどワクワクできるお得なギャンブルはないかもしれません。

パチンコ・パチスロの還元率

◆パチンコ・スロットの還元率80~90%と言われています。

実際に、つい最近まで還元率を公開しているお店もありました。
おおよそ粗利益が10%~20%でした。

■動画で見たい方は以下でどうぞ。
YouTube動画(4:00~。音がでます)

還元率の数字だけ見れば、他のギャンブルに較べて、案外いいんじゃないか?と思ってしまいますね。
下のグラフをご覧ください。

【パチンコ 業界売上げ推移】
30兆1770億円⇒21兆6260億円(28%減)

【パチンコ 参加人口推移】
1,450万人⇒940万人(35%減)

【パチンコ 年間平均活動数推移】
25.6回⇒29.8回(16%増)

パチンコ(パチスロ)業界の売上は、この10年間で約3割落ち込んでいます。
パチンコをやる人が35%減ったからです。

その低下を補うように、パチンコに行く人の来店回数は増えています。

今後もパチンコ業界は縮小していくでしょう。
参加人数の低下、出玉規制、喫煙による健康被害など問題が山積みです。
店側も利益確保のため、還元率は徐々に低下していくと予想されます。

ギャンブルの中でパチンコが本当に勝ちやすいのか

還元率だけみると、どのギャンブルよりもパチンコ、パチスロが有利に見えます。
ですが、本当に勝ちやすいのでしょうか?

パチンコは打つ人によって還元率が変わります。

他のギャンブルももちろんそうですが、予想の精度を上げることによって的中率を上げることができます。ですがパチンコほど「勝ち要素」が多いものはありません。

下記のように「勝ち要素」が他のギャンブルに比べて多いのが特徴です。

・客が多い店に行く
・イベント日にいく
・釘をみる
・情報誌を見て台の知識をつける
・スロットの設定を看破する
・ハイエナを行なう

パチンコの還元率は「パチンコ店によって」「立ち回りによって」「個人の知識によって」それぞれ変わってきます。ある人は還元率50%であっても、ある人は120%の人もいるわけです。

ただ漠然と回らないパチンコを打ってても還元率は低い。逆に回る台を探して打てば還元率は上がっていきます。スロットの場合も設定1を打つより設定6を打つほうが還元率は上がります。

努力すれば100%を超えることも可能。反対に何の努力もしなければ還元率50%もいきません。

勝ち要素が多いというのがギャンブルで勝つための条件。

パチンコやパチスロは勝てる要素が多い。
その分勝ちやすいのですが、結局はその分努力が必要だということです。

単純に娯楽として考えるのなら、それほど良いギャンブルとは言えません。

100%を超える還元率はない

今までの数字でわかることは、どのギャンブルをみても「100%を超える還元率なんてない 」 ということです。

必ず胴元が勝つことになっています。パチンコ以外は券を販売する前から既に利益が確定しています。

1回、2回は勝つこともあるでしょう。5回連続で勝つこともあるかもしれません。
しかし、大多数の人は、回を重ねるごとに確実に負け続けることになります。

それは還元率が物語っています。

競馬、競艇、競輪、オートレースは予想するのが楽しい。
宝くじは夢を買うために購入します。

パチンコは毎日通うことができますが、その分回を重ねるごとに負け額が増えていく。
ギャンブル依存症になり、借金を重ねる人が後を絶ちません。
負けたお金はギャンブルで取り返す。これがギャンブル依存症の考え方です。

ギャンブルで勝つ確率。

タイトルの答えですが、結局ギャンブルで勝つ確率はその人の「努力しだい」。
どれだけ努力を重ねられるかが勝負です。

スポンサーリンク

-パチンコの話題
-, , , , , ,

Copyright© 借金とパチンコの話 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.